赤ちゃんの夜泣き対策にお勧め【すやねむカモミール】の効果は?

今なら【すやねむカモミール】が約75%オフで購入できる!

こんにちは、ママ達への “お役立ち情報” を発信している横山と言います。

今日は “赤ちゃんの夜泣き対策” について、是非、皆さんにもお勧めしたい『すやねむカモミール』をご紹介したいと思います。

★★★ 赤ちゃんの夜泣きとは? ★★★

皆が寝静まった深夜に、突然赤ちゃんが泣きだして、なかなか泣き止まないことがあります。

昼間はニコニコご機嫌で過ごしていたのに、夜になると決まって泣き出す赤ちゃんだっていますよね。

初めての育児の時などは、特に新米ママが睡眠不足や疲労でダウンしてしまう原因にもなります。

このように、夜中に泣き出して何をしても機嫌がよくならない状態を、「夜泣き」と呼びますね。

言葉を話せない赤ちゃんにとって、思い切り泣くということは、欲求や不満を伝えるうえで欠かせない行動です。

泣くことが仕事と言われるほどなので、ある程度の夜泣きは仕方ないこともありますが、毎日毎日これではママやパパの身体が参ってしまいます。

ストレスや疲労を溜めこまないように対策するためにも、夜泣きの詳しい情報を理解しておきましょう。


まず赤ちゃんの夜泣きが始まりやすい時期ですが、これは個人差が大きく生後すぐの子もいれば2歳くらいになって突然始まるというケースもあり、一概にいつから始まると明言することはできません。

ただ、いつ始まっても月日が経つごとに頻度は減っていき、やがて治まるようになるのは間違いありません。

毎日のように続くと、ノイローゼのようになってしまうママもいるでしょうが、いつかは必ず終わるものということを理解しておくと少しは楽になれますよね。


そもそも、なぜ赤ちゃんが夜泣きをしてしまうのかという原因ですが、これは非常に様々なことが考えられるんです。

泣くという事は、不満や伝えたいことがあるということですが、残念ながら言葉もジェスチャーも操れないためママが原因をうまく突き止めることもできません。

このため、なかなか泣き止ませられずに状況が悪化してしまうことも多いのですが、主な原因がいくつか考えられるので覚えておくと対策に役立ちます。


まず多いのは、赤ちゃんがお腹を空かせているケースです。

新生児は胃も発達していないため、母乳を少しずつしか飲むことができません。

このため時間帯に関わらずすぐにお腹が空いてしまうため、夜中であっても泣いて訴えることになるのです。

また、オムツが汚れている場合も不快感が強いので泣くことがあります。

赤ちゃんは1日に10回以上おしっこやウンチをしてしまうので、思った以上にオムツの取り換えが必要になります。

夜中に授乳した時は、念のためオムツも一緒に交換しておくと、夜泣きの回数を減らすこともできます。

さらに、暑かったり寒かったり、ママと離れた不安や昼間の刺激の影響で興奮しているなど、非常に様々な原因が影響しています。

夜泣きを減らすためには、これらの原因を突き止めて対策をしていく必要があるのです。

★★★ 赤ちゃんの夜泣き、どうしたら泣き止むの? ★★★

赤ちゃんが夜中に泣いてしまう原因は様々なものが挙げられますが、それらの対策を上手く取ることで夜泣きの頻度や泣いている時間を抑えることもできます。


まず、生まれて間もない新生児期に効果的なのが、聴覚を利用した対策方法です。

生まれたばかりの赤ちゃんはあまり目が見えていませんが、聴覚や嗅覚は十分に発達しているんです。

そこで、赤ちゃんが泣き始めたらレジ袋をクシャクシャと擦り合わせてみて下さい

この音は、赤ちゃんがママの胎内にいるときに聞こえて血流の音に似ているとされていて、聞き覚えのある音に赤ちゃんが集中するため泣くのを忘れてしまうのです。

同じような効果があるものとして、掃除機やドライヤーなどがありますが、夜中に使うとご近所に迷惑になってしまうので、レジ袋が最適です。

また、ママが抱っこしてあげるのも非常に効果的です。

赤ちゃんは、匂いや体温でママをしっかり理解しており、ママが抱っこすると安心して泣き止みやすくなります。

ママの心臓の音が聞けるように、胸にピッタリ赤ちゃんの耳をくっつけて抱っこするスタイルが効果的です。

また、普段あまり刺激が与えられない身体の部分を触ってみると、珍しい刺激に驚いて泣き止むこともあります。

例えば耳の穴を小指でコチョコチョしてみたり、顔にフッと息を吹きかけるのも有効です。


夜泣きを止めるうえで大切なのは、赤ちゃんの意識を、泣くことからいかに逸らすかということです。

赤ちゃんは、まだまだ複数の行動や意識を両立させるという能力が未熟なため、何か一つのことにしか集中できません。

泣いていると、そればかりに意識が集中してさらに悪化してしまうため、興味を別のものに移すということが非常に効果を発揮してくれます。

寝ている部屋で行うのが理想的ですが、あまりに泣き止まない時はベランダに出てみたりドライブをするなど、大きく環境を変えてみると良いでしょう。

ただ、この場合気を逸らさせようとテレビやスマホの画面を見せることは避けて下さいね。

これらの明るい光や刺激を目にすると、脳がさらに活発に活動し始めてしまうので、ますます落ち着きやリラックスできなくなってしまいます。

ひとまずは泣き止んでも、またすぐに泣き始めてしまうので、この対策方法はあまりおすすめできません。


赤ちゃんの夜泣きは原因も症状も個人差が大きいので、自分の赤ちゃんに合った対策方法を見つけることが大切です。

同じ方法を続けているとそのうち慣れてしまって泣き止まなくなるので、様々な方法を試してみると良いですね。

★★★ おススメ対策方法…『すやねむカモミール』 ★★★

夜泣きに効くという方法を全部試してみたけどダメだった!

……と頭を悩ませるママもいることでしょう。

そんな時におススメな対策方法が、夜泣きハーブティランキングで1位になった、『すやねむカモミール』というハーブティーなんです。


カモミールと言えば、気分の高ぶりを抑えてリラックスを誘うハーブティーとして知られていますが、これを赤ちゃんでも飲めるように様々な改良を加えたもの『すやねむカモミール』なんです。

一般的なカモミールティーは独特なハーブ臭や味が濃く、赤ちゃんにとっては決して飲みやすいものではありませんね。

また、ハーブティーは乾燥したハーブをそのまま熱湯で抽出するため、農薬などの化学物質も多く含まれています。

小さな赤ちゃんには、あまり積極的に飲ませたいとは言えないものでしたが、『すやねむカモミール』はオーガニックの自然派素材を利用していてこういった問題をクリアしたのです。

また、大人より遥かに敏感な舌を持つ赤ちゃんでも美味しく飲めるように、味の改良にも力をいれたんですよ!


★★★ 『すやねむカモミール』の効果 ★★★

『すやねむカモミール』に含まれているハーブは、ジャーマンカモミールハニーブッシュルイボスといった3種類がメインになります。

いずれも興奮を抑えてリラックスしやすくし、深くて質の良い睡眠を得られるという効果があります。

この3つのハーブの力によって、購入した人の実に9割以上が満足したと回答するほどの高い睡眠効果を与えてくれます。

配合されている『すやねむカモミール』の素材や成分は全てノンカフェインなので、授乳中のママでも安心して飲むことができるんです。

赤ちゃんだけでなく、もちろんママもリラックス効果を得ることができます。

夜泣きのせいで疲労やイライラが溜まっているママも多いので、赤ちゃんにも効果のあるすやねむカモミールは一石二鳥だと言えますね。

生後半年ほどの赤ちゃんから使用することができ、1歳くらいまではママが飲んで母乳へ成分を移行させて飲ませることになります。

赤ちゃんに『すやねむカモミール』を直接飲ませる場合は、離乳食が十分進んでから、大人が飲む量の3分の1に薄めてから与えるようにしてください。

赤ちゃんにはこの濃度でも十分に効果を与えることができるので、うっかり大人と同じ量を飲ませないように注意してくださいね。

また、使用する場合は、稀にキク科のアレルギー症状を引き起こすことがあるので、アレルギー持ちのママや赤ちゃんは注意してください。


この『すやねむカモミール』は、あくまでも気持ちを落ち着ける作用があるというもので、飲めば確実に夜泣きを止められるわけではありません。

とは言え、少しでも頻度や症状を改善させられる可能性は高いので、夜泣きに悩んでいるママは「試してみる価値」があると思いますよ。

『すやねむカモミール』のホームページでは笑顔のママ達の使用感想も掲載されていますので、どうぞ、ご覧になってみて下さい。

これからの “赤ちゃんの夜泣き対策” の参考になると思います。

あと、今なら「期間限定・特別キャンペーン」を実施していて約75%オフで購入できるんです。

どうぞこのチャンスに、是非、チェックしてみて下さい。


『すやねむカモミール』キャンペーンサイト

赤ちゃん夜泣き対策『すやねむカモミール』のキャンペーンサイトはコチラへ


■LINK